macOS Catalina:ターミナル設定

ずいぶん前に所持していたMacbook Air(2011)を手放して3年程たって、iOS開発の必要性が出てきて中古のMacbook Pro(2015)モデルを入手。

最新のCatalinaにバージョンアップした状態で、使いやすいようにまずはターミナル設定を行いました。その時の設定方法を残しておきます。

Catalinaではデフォルトのシェルがzshに変更になっているのでbashに戻す

https://www.howtogeek.com/444596/how-to-change-the-default-shell-to-bash-in-macos-catalina/

https://qiita.com/waka424/items/bc77b6e8bd4f25760e58

.bashrcがロードされない??と思ってたら、zshに変わってたので元に戻します。

> chsh -s /bin/bash

>echo "export BASH_SILENCE_DEPRECATION_WARNING=1" >> ~/.bash_profile

ターミナルのスキーマの設定とlsに色をつける

まずbrew をインストールする

https://brew.sh/index_ja

coreutilsをインストールすると、glsというlsの拡張版が使えるようになる。定番のSolarizedをGithubから入手する。.bash_profileにスキーマを読み込む設定を行う。

# GNU版のlsをインストールする
$ brew install coreutils

# Solarizedのlsカラーテーマをダウンロードする
$ git clone https://github.com/seebi/dircolors-solarized.git ~/.dircolors-solarized

# .bashrcに以下1行を追加する(lsでカラー表示するための設定)
$ vi ~/.bashrc
alias ls='gls -aF --color=auto'
alias ll='gls -alF --color=auto'

# .bash_profileに以下1行を追加する(好みのlsカラーテーマを読み込む)
$ vi ~/.bash_profile
eval `gdircolors ~/.dircolors-solarized/dircolors.256dark`

プロンプトをGit Bashみたいに変更する

https://qiita.com/tamorieeeen/items/a5ce73fc4c0f8e825557

$PS1にプロンプトのフォーマットを指定します。ちなみにデフォルトは以下です。

> echo $PS1
\h:\W \u\$

すでにGitはインストールされているけど、以下のシェルを入手するために上書きでインストールします。

> brew install git

chmod a+x /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
chmod a+x /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash

.bashrcにはこのシェルをロードするように設定する。$PS1の設定は以下とした。プロンプトは2行出力にしている。(パスが長くなると折り返してしまうので)

> vi ~/.bashrc

# read script
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash
# option
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
# git ps1
export PS1='\[\033[36m\]\u\[\033[37m\]@\h \[\033[32m\]\w\[\033[37m\]\[\033[31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\]\n\$ '

以下のような改行付きでGitのブランチ表示されます。

user@machine ~/test (master #)
$